スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.01.13 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    「陰日向に咲く」劇団ひとり

    0

      『最近、短編集なんだけど登場人物がリンクしてて伏線にもなっていたりするやつが流行ってるじゃん。劇団ひとりも取り入れてる。』
      って前に友達から聞いてました。

      確かにその通り。
      劇団ひとりは流行を追ってます。

      そんで普通に面白いです。
      お笑い芸人が書いた風な面白部分もあってなかなかよかったです。


      「風味絶佳」山田詠美

      0
        評価:
        山田 詠美
        文藝春秋
        ¥ 520
        (2008-05-09)

        表題作を含む短編集。

        面白かった記憶はあるものの、結構前に読んだからそれ以外はあまり覚えてないです。

        恋愛小説的な雰囲気を醸し出してるけど、そんな感じではなかった気がします。
        何があるって訳ではないが、なんとなくいい感じといった内容の珠玉の短編集だったはず。


        「情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」」奥野宣之

        0

          例のごとく書いてあることすべての実践は無理なんで、
          使えそうなのをいくつか取り出そうと。

          この本に書いてあることを要約すると、
          1.とにかく1冊のノートに全てを書く。なんでも書く。紙も張る。予定表も作って張る。
          2.それぞれ見出しを付けて、パソコンでインデックス管理。→検索で簡単に見つける。

          パソコンでインデックス管理なんてめんどくさくて出来そうにない。
          予定表を自分で作るのも、図工みたいで楽しいので大丈夫って書いてあったけど、全然大丈夫じゃない。めんどい。

          そんなわけなんで俺にはこの本イマイチでした。

          ただ、『気付いたことは何でも書く』というのは、やろうとは思ってたけど実際にやってなかったわけで、これを機にやってみようかなと思いました。


          「四畳半神話大系」森見登美彦

          0

            「夜は短し歩けよ乙女」のキャラクターも出てくる内容的には「太陽の塔」寄りの大学生の物語。面白かった。

            これ読んで思ったのは、幻の至宝『薔薇色のキャンパスライフ』を手に入れるのは難しいんだなと。

            中身くだらない話なんだけど、実は意外とかしこい構成になっていてその辺も楽しめます。


            「スズキが覗いた芸能界」松尾スズキ

            0

              エッセイなんだけど、今まで通ってきた道を辿ってるだけな感じであまり面白くない。

              もっと適当、グダグダ、書いてみただけみたいな内容の方が面白いのになあ。


              「クラリネット症候群」乾くるみ

              0

                「マリオネット症候群」と「クラリネット症候群」の2つの話が入ってる。
                タイトル似てるけど、内容は全然違う。

                朝起きたら好きな先輩に体が乗っ取られた女子高生が…。
                これが「マリオネット症候群」。

                クラリネット壊したらドレミ…の音だけが聞こえなくなった…
                で、こっちが「クラリネット症候群」

                どちらかというと「マリオネット症候群」のほうが面白かったかな。でも両方イマイチ。話がちゃちーのです。


                「映画篇」金城一紀

                0
                  評価:
                  金城 一紀
                  集英社
                  ¥ 1,470
                  (2007-07-26)

                  映画にまつわる5つの物語からなる短編集。
                  トーンはそれぞれ違うんだけど、どれもこれもいい話だったな。

                  特に「太陽がいっぱい」と「愛の泉」がよかった。
                  前者は「GO」を映画を絡めた友情の話にした感じ。
                  後者は心温まる家族の話。泣ける。

                  やはりなんだろうけど、読んだらすっごく映画が見たくなった。特に『ローマの休日』が見たい。


                  「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦

                  0
                    評価:
                    森見 登美彦
                    角川書店
                    ¥ 1,575
                    (2006-11-29)

                    いやー、これは絶品だ。
                    最初の「おともだちパンチ」のくだりから引き込まれまくった。

                    大学の後輩である「黒髪の乙女」に片思いをしている「先輩」の、外堀を埋めて埋めてなかなか乙女には近づかない話。恋愛小説?

                    春・夏・秋・冬と季節が変わる4章構成。

                    全部面白いけど、特に秋の学園祭がめっちゃいい。

                    背中に大きな緋鯉を背負い、達磨の首飾りをさげ、学園祭をあちこちへ練り歩く「黒髪の乙女」。それを追う「先輩」。
                    「学園祭事務局」「韋駄天コタツ」「パンツ総番長」「偏屈王」と色々な事件や人物が絡んで、さあ「先輩」と「黒髪の乙女」はどうなるんだろうか!?と終始おもしろくってしょうがなかった。

                    こんな単語にピンときた人にはお勧め。
                    いわゆる恋愛小説が苦手な人にもお勧めです。


                    「一瞬の風になれ」佐藤多佳子

                    0

                      まさに青春小説。さわやか。
                      高校の陸上部を舞台にした、部活っていいよなーって思わせてくれるお話。

                      あだち充的な世界が繰り広げられてます。
                      陸上をやってた人が読んだらノスタルジーに浸れて面白いことこの上ないだろうなと。
                      陸上じゃなくても部活やってた人が読んだらはまるだろうな。
                      で、部活をやってなかった俺が読んでも面白い。

                      ライバル校の顧問がちょっと意地悪で、そういうマンガ的な感じが小説っぽくなくて最初違和感があったけど、徐々に気にならなくなった。
                      陸上は基本的には個人競技だから、個人個人の目標に向かって頑張るんだけど、リレーでメンバー間で協力し合ったりとか、仲間を応援したりとか、そういう団体競技的な要素がいい味出してて楽しく読めた。


                      「gift」古川日出男

                      0
                        評価:
                        古川 日出男
                        集英社
                        ¥ 420
                        (2007-11-20)

                        すごい短い物語を集めた短編集。

                        確かに1個1個の話は贈り物のような感じで、
                        不思議で心暖まるものでした。

                        のような気がしました…。
                        やっぱり古川日出男は難しい。

                        この物語の世界を感じるっていうか
                        匂う感じで読むのがいいんだろうなあ。



                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        2627282930  
                        << November 2017 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recommend

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM